×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

              なぜネットで儲けられるのか?


インターネットで稼ぐ方法はいくつかありますが、基本的にはメールを受信して広告を見たり、アンケートに答えたり、ホームページにバナー広告を張ったりすることによって、報酬を得る事ができます。

なぜ、そのような方法で報酬を得ることができるかというと、企業側は報酬型広告サイトの広告を見てもらったり、ホームページにバナー広告を張ってもらうことによって、『テレビのCMのような宣伝効果』が得られるからです。その報酬として現金や商品などを私たちにくれるという仕組みです。

テレビCM等の広告宣伝では広告料は放送している会社に支払われますが、報酬型広告サイトでは「広告代理店」を通して、私たちに広告料を支払うという仕組みになっています。

実際、テレビでは、宣伝したCM出演者に報酬が支払われます。ホームページを持っている場合、この宣伝したCM出演者がホームページのオーナー、管理人です。ホームページという宣伝方法で報酬を得るわけです。

上記に書いたとおり、ホームページに広告を貼って宣伝し、その報酬を受け取れるわけです。もちろん、ノルマや参加料金もかかりませんので安心して参加できます。

例えば、企業が新商品のお酒を売りたいと考えています。
テレビCMでは、タレント等の出演者や撮影料など何千万単位で宣伝料がかかります。しかもCMを観ている人たちが新商品のお酒に興味を示すとは限りません。
いわゆる不特定な人たちに宣伝する訳です。お酒が好きな人もいれば、嫌いな人もいる訳です。
しかし、インターネット広告では、お酒が好きな人だけに新商品の紹介をすることができます。ホームページでもお酒に関するホームページであれば、更に宣伝効果も高まります。しかも企業側としては、コストも大幅に削減することができ、より宣伝効果が高い人たちに広告を宣伝することができます。

この削減されたコストの分が、ホームページで宣伝してくれたオーナーや広告を見てくれた人たちに広告料が還元されているわけです。

実際ホームページを運営して個人で毎月100万円以上稼いでいる人たちもいます。
ホームページを作るのが面倒くさいという方は、広告を見たり、アンケートに参加したりとコツコツと収入を得る事をお勧めします。

今の時代、銀行に毎月1万円定期預金しても年間何十円しか利息がつきません。ATMで手数料を引かれようものなら1回の手数料を引かれただけでもトータルマイナスです。

しかし、メールを受信して広告を見たり、アンケートに答えてポイントを貯めたりすることにより、銀行の利子の何十倍、何百倍もの料金を稼ぐことも可能です。

具体的な報酬としては、ポイントつきサイトに10個登録した場合、1日平均50円〜300円稼げます。月々で平均4500円稼げることもあります。
1ポイント一円で交換してくれるサイトが多いので、ポイント型のサイト登録すればするほどポイントゲット確率は高くなります!!

実際に始めるにあたって、準備するものはパソコンとインターネット環境があれば十分です。それだけで、今すぐにでも参加する事ができます。